「本業を持つ組織からイノベーションを起こしづらい」のは、世界各国の企業の共通の悩みです。既存事業の慣習や経営の常識が、イノベーション活動を阻害するからです。そのような悩みを抱えた国が59カ国集まり、イノベーション・マネジメントシステム(IMS)の国際規格、ISO56000シリーズが2019年に発行されました。

IMSAPスタジオは、同規格づくりに日本を代表して最初から参画している一般社団法人 Japan Innovation Network が提供する、日本初の IMS実践者向けの入門プログラムです。

【スタジオの目的】

世界最先端のイノベーション・マネジメントシステム(IMS)の知を習得し、実践する覚悟を決める

 

【スタジオの提供価値】

【スタジオの基本構成】

IMSAPスタジオは、動画学習、対話セッション、自社議論により構成されます。 ISO56002規格の詳細を動画コンテンツで学習し、対話セッションで他社の参加者およびJIN専門家と議論し、理解を深めます。その後、自社チームで自社の状況把握、IMS導入準備に向けた準備を進めます。

 

動画学習

 

対話セッション

 

自社議論

 

※ スタジオには各社5名まで参加いただけます
※ スタジオ期間中は、IMS導入準備の目的に限り、動画コンテンツを社内利用いただけます(期間後は別途有料)

【参加条件】

対話セッション

【お問い合わせ・お申し込み先】ims@ji-network.org

活動内容の詳細は、こちらからご確認ください。